Home / 海外生活 / 日本人は好かれる?嫌われる?!シェアハウス情報

日本人は好かれる?嫌われる?!シェアハウス情報

037-001

外国に住み、ホームステイの受け入れなどもしておりますので、ホストファミリー仲間から私達日本人のホームステイやハウスシェアの仕方についてのコメントをしばしば聞く機会があります。

私自身も独身の頃はホームステイをしたりマンションをシェアしたり、日本にいる頃には想像もしなかったような生活をし、そこでその国を感じながら人々の考えを理解して色々経験させていただきました。そしてそんな生活の中で、日本では当たり前なのにこちらではそれが常識ではなかった・・・・そんな発見に一喜一憂することは今現在でも続いております。

今回はそんな、日本人と一緒に住んでいた人々が語った、私達日本人のいいところ/悪いところについてお話しします。

 

シェアハウスとは?

037-002

どこに住むかによっても違いはありますが、基本的にオーストラリアの都市部で一人暮らしをするのはレント代が高すぎて難しいため、家やアパートをシェアするのが一般的です。また留学生などはホームステイという選択肢もあります。

そもそもホームステイとシェアの違いはというと、ホームステイですと基本ホストファミリーの保護のもと生活をします。従って、学校への送り迎えや食事の面倒、後片付けや洗濯等もホストファミリーが行ないます。シェアは家やマンションの一室を間借りしているだけの状態ですので、食事や洗濯等は基本的には自身で行ないます。従って生活は全て自己責任になります。その代わり、自分の行動を縛られないため、帰りが遅くなったりすることや食事の有無等連絡したりする必要はなく、同居人への気遣いは不要で自由に生活できます。

日本から来られる留学生の方々のほとんどは、まずはホームステイをご選択されるのではないでしょうか。そして生活に慣れてから新聞やショッピングセンターの掲示板、専用ウェブサイト等を利用してシェア先を探したりするというのが一般的なようです。

 

ここが好きだよ、日本人!

037-003

それでは、まずは私達日本人が他の国の方から好かれているポイントをお話します。

 

・静か、きれい

一番多い意見は静かできれい好きということです。大きな音を立ててテレビを見たり音楽を聴いたりもせず、シェアする部屋やものを汚く使ったり、使ったものが放ってあったりすることもなく、慎ましやかに生活している印象があるようです。

 

・約束を守る

ハウスルールや約束事をきちんと守るということに関しても定評があります。一度約束しても自らの都合のいいように理由を付けて約束を破ってしまう人々の多い国もあるようで、それに比べ話の本質を理解してきちんとルールを守り調和を保とうとするのが私達日本人なのだそうです。

 

・文句を言わない

生活の中で発生した意識のズレに対してアグレッシブに文句を言わないということでも評価されているようです。小さいことでもすぐカッとなって攻撃的になるお国柄もあるようで、それに比べいつも穏やかで冷静だと言われています。

 

・親切

困ってくれるときにいつも一番に助けてくれるのは日本人だ、とも言われています。積極的に助けが必要か聞いてきてくれることは少なく受動的ではあるけれど、お願いしたことは必ず助けてくれ見返りを求めることもないとのことです。

 

・友達を連れ込まない

ホームパーティが好きな国の方ですと、週末ごとに友達を家に呼んでパーティーをするといったようなこともあり、シェアしている側にしたら知らない人が都合も考えずに沢山来て騒ぐのは少し厄介ですが、日本人は友達を家へ連れてきてお酒を飲んだり食事をしたりすることが少ないので生活のペースが乱されず気持ちよく生活できるとのことです。

 

どうしてそうなの!?日本人!

037-004

それでは反対に、私達日本人の嫌がられているポイントについてお話します。

 

・夜寝るのが遅い

平均就寝時間が9時半過ぎという国で、12時を過ぎるまで起きて何かをしている日本人は少し奇妙に映るようです。しかもある程度の時間からは基本ベットルームで過ごす人が多く、リビングで話をしたりもしないので、余計怪しげに映るようです。また夜遅くまで起きている電気代を考えてマイナスなイメージを持つ方もいるようです。

 

・考えていることが理解できない

自らの意見をはっきり伝える習慣がないからか、考えていることが理解できず近付きがたいといった印象を同居人に与えている日本人は多いようです。話を聞いていると遠慮しているのが裏目に出ているだけのような気がしますが、とにかく心を閉ざして自分の世界に入り込んでいるように見えて距離が縮まらないそうです。

 

・電気、水道を無駄遣いする

先程の夜遅くまで起きて部屋の電気やPCの電気を使用していることもそうですが、シャワーの時間が長い、水を出しっぱなしでお皿を洗う、ドライヤーを毎日かけるといったような日本ではある程度常識的な範囲の習慣に疑問を持つ方が多いようです。

 

私は以前シェアしていた方に、髪を洗うのは2~3日に一度にしてほしいと打診されたことがあります。シャワーを止めたり流したりしながら自分なりには気を使っていたのですが、10分以上シャワーに入っているのは長すぎると指摘され、ドライヤーも電気代の無駄だから使用しないでほしいと言われてしまいました。郷に入れば郷に従え、それから洗髪は2日に1度にしドライヤーの使用は控えましたが、注意された内容にビックリしたのとともに、日本の常識がどこでも通用すると思ってその国に関して勉強不足なまま海外へ出てしまったことを恥ずかしく感じたのを憶えています。

 

・二人集まると日本語で話し始める

一人だと大人しく何も話さない、しかし日本人は二人以上集まると日本語で話し始める・・・・それも他の国の方がその輪の中にいても同じでお構いなしに話している、といった場面に遭遇する外国人は多いようです。1対1で接しているとあんなに控えめで親切なのに、もう一人増えただけでなぜこんなに空気が読めなくなってしまうのか?とホストファミリー仲間から指摘を受けることも多いです。

 

私にも記憶がありますが、その場にいる全員の共通語が英語だと頭ではわかっていても、どうしても同じ日本人に向かって英語を話す照れ臭さが勝ってしまい日本語を使ってしまう・・・・これは本当に慣れて英語が話せるようになるまでに相当かかることではないかと思います。

がしかし、周りを見ると私達と同じことをしている国の方はとても少ない気がします。国民性もあるのでしょうが、通じない言葉を使って話を進め相手に疎外感を与えることが失礼だという意識をもっと持たなくてはならないと感じます。

 

おわりに~歓迎される日本人でいるために~

037-005

シェア情報等見ていくと、かなりの確率で「Japanese Welcome」や「Japanese Only」といった文章を見つけます。そんな募集があったりすると、なんだか自分達がその国の方から尊重されている、受け入れられている気になりとても嬉しくなります。

マイナスに思われている部分も、少しの勇気と意識改革でどうにか乗り越えていけそうな内容・・・・その国へ行ったらその国の習慣を受け入れ、外から日本にいた頃の自分について見直すいい機会なのかもしれません。

東京オリンピックの開催も決まり国際化に向けて進む日本ですが、逆に外国から来たお客様に自分達の文化や習慣を押し付けることなく日本人の得意な『調和』がとれるよう、一人でも多くの人が意識改革できるといいですね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/