Home / モチベーション / あなたの英語学習がつまらない理由 ~改善のヒントとは?~

あなたの英語学習がつまらない理由 ~改善のヒントとは?~

044-001

私の知り合いに、日本で英語講師をしていた男性がいます。英会話学校での講師、中学生、高校生の英語講師、小学校での臨時講師、国際ボランティア団体での英語合宿講師、企業ビジネス英語講師と幅広い生徒を教える経験をしたそうですが、全体を通して一番英語に興味を持ちモチベーションが高かった受講者は小学生だったそうです。

彼は、小学生は純粋に英語や外国人に興味を持っているけれど、年齢層が上がるにつれて英語へ純粋に向き合うことが出来ず興味や意欲が薄れているように見えると話していました。

それはなぜなのか?今回は、彼が考える日本人の英語学習が続かない理由をお話しようと思います。

 

 目標の設定ミス ~興味のない単語を覚えても進まない~

044-002

まず英語学習が続かない理由の一つは、学校等で教わる単語にあなたの実生活と結び付かない言葉が沢山使われているということです。

学校で習う単語を見ると、日常生活ではあまり使いそうにない難しく堅苦しい言葉が沢山出てきます。こんな言葉を憶えても一生で何度使うか・・・というような単語をいくつ覚えようと思っても、使用する場が想像できなければモチベーションが上がらないのは納得です。

もちろん試験等で出題されるような単語は時に覚えなくてはならないこともあるでしょうが、基本的にまずは身近な環境にある単語から覚えていくことが大切です。とりあえずある程度英語にハマるまでが勝負、興味のあるものや話したくなるような内容の単語や文章を覚えて、ある程度会話が可能になり英語を勉強することが楽しくなるくらいまでハマってしまうと、難しい語彙もすんなり頭に入ってくるようになるかもしれません。

 

 勉強する意図がない ~楽しい理由探しを失敗している~

044-003

英語学習で大切なのは、夢中になれる分野と理由を持つことです。字幕なしで映画を見たい、海外旅行を満喫したい、英語で恋愛がしたい・・・・等々、明確な目標ができればそれに必要な単語や表現方法がおのずと出てくるはずです。そういった興味のある英語から覚えると、理解したい、伝えたいという気持ちが大きくなるため、そのぶん吸収力が高まり頭に入ってきやすいとのことです。

また目標設定をあまり遠くないところに設定することも大切です。留学をする、外資系企業に就職する、試験に合格する・・・・どれも素晴らしい最終目的だと思いますが、少し目標達成までの距離が長く、中だるみしてしまうこともしばしば。出来れば、来週の英会話教室ではこのことを話したい、道で外国人に声を掛けてみたい等、目標をぐっと身近なところに置くことで、モチベーションが上がるタイプの方も多いそうです。

しかし漠然と「英語が話せるようになりたい」という理由で勉強している方が実際は多く、なかなか明確な目標設定が出来てない方が多いとのことです。そして何でもそうですが、なかなか明確な目標なしに集中して学習するというのは難しいこと。

試験に合格する、も一つの理由ですが、身近に考えただけでウキウキするような明確な目標や理由を持つこともとても大切なことだとのことです。

 

 対象となる相手の顔が見えない ~実践の場が少ない~

044-004

そしてその目標を設定する上で、英語を使用する実践のための場があったり相手がいるとその目標設定がとても簡単になります。今度はあの人にこの話をしたい、こんな風に誘ってみたい等より近い目標が出来、達成までのスパンが短いのでモチベーションがキープしやすくなります。

そして話の場を想定すると、同じ単語を覚える作業でも、ただ単に覚えるだけではなくその単語がどこで使えるのか、その単語を使用してどんな文章が組み立てられるのかということを自然に考えるようになります。その作業こそが英語習得で最も大切な近道になるとのことです。

よく日本の学生が単語帳を使用して英語を覚えている姿を目にするけれども、あれほど意味のない学習方法はないと彼は話します。日本特有の「試験合格のための勉強」であり試験が終わったとともに忘れてしまう、まさに実践で全く使えない、そんな勉強に時間を取られてばかりいるから日本の学生は世界的に英語のコミュニケーション能力が低いのだと嘆いていました。

あなたの最終目標が良い成績を取ることであれば、この方法はとても有効的だと思いますが、やはり実践で使える英語を身につけたいとなると、この方法では遠回りになってしまうのかもしれません。

 

 おわりに ~方法を間違えると損します~

044-005

今や、英会話教室や英語の教材は日本国内でも数えきれないほど出回っており、その1つ1つが独自のオリジナリティーを持った勉強法を推奨しています。

その勉強法があなたに合うタイプのものであれば勉強も楽しく習得も早くなりますが、せっかく貴重なご自身の時間を使っているのに、なかなかどの勉強法が自分に合うのかわからないまま、ただただ英会話教室に足を運んで、家では試験突破のための参考書を解いているといった勉強をされている方も少なくないでしょう。

一人一人の性格が違うのと同じ、ハマれる勉強方法もその人によりけりで、どの勉強法が自分に合っているのか、どの勉強法なら楽しく続けられるのかは自分次第。早くご自身に合った勉強法を選び、遠回りすることなく英語学習ができるといいですね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/