Home / カルチャー / オーストラリア人夫妻が感動した!~日本のお土産5選~

オーストラリア人夫妻が感動した!~日本のお土産5選~

050-001

海外旅行をするとその土地のものを自分や家族、友人にお土産として買う方は多いと思います。

実はこのお土産の文化、ここオーストラリアでは日本ほど定着しているわけではなく、旅行へ行ってもあまり沢山の友達にお土産を選んで買わないと・・・・といった習慣は特にないようですが、それでも日本で買い物するのは楽しいからと、皆さん買い物が止まらないようです。

先日知り合いの夫婦が東京、京都へ旅行に行きました。奥様は元々ショッピングをすることが大好きなので、日本は天国だったという感想と沢山のお土産を持って大満足で帰ってきました。そして、日本のお土産というとフィギュアや電化製品、和物系をよく聞く中、この奥様の目の付けどころはなかなか興味深いものでした。

ということで今回は、そんな夫婦が感動した日本のお土産についてお話ししたいと思います。ホームステイに行かれる予定のある方、定番すぎて飽きられてしまっている扇子やこけしを買う前に一読ください!

 

流しのスポンジホルダー

050-002

日本でもだいぶ前から流行っているようですが、ここオーストラリアでもアイランドキッチンが主流です。壁向けに流しがないため洗剤やスポンジを台の上に置くと汚らしく見え、悩んでいる方が多かったようです。

100円ショップの噂は聞きつけていた奥様、さっそく行ってみたのですが、その規模と種類の多さ、そしてコストパフォーマンスの高さに驚き100点近く買ってきたそうです。

そのなかでも感動したのが、流しのスポンジホルダー。こんなにアイランドキッチンの多い国で、これがないのが不思議だったといたく感動し、娘に、お姉さんに、同僚に・・・と5つも買ってきたようです。

 

お菓子の詰め合わせのパッケージ

050-003

グラフィックデザイナーをしている娘さんにはゼリーの詰め合わせを買っていました。日本のお菓子は小包装になっていてとてもきれいだと聞いていたらしく、その中でもゼリーは見た目が芸術的だと評価が高いようです。

日本のそういった詰め合わせやお菓子、看板、街並みやキャラクター・・・と、ありとあらゆるものを載せた写真集が外国人向けに英語で販売されているらしく、それを見た娘さんからのリクエストだったそうです。

 

フリクションペンとポスカ

050-004

フリクションペンはまだオーストラリアでは一度も目にしたことがありません。以前に私がお土産で買って行ったもので一番驚かれ感動されたものがこのフリクションペンです。

裁縫をする奥様にもアイロンで消えるからチャコペン代わりに便利だよと渡したことがあり、それを愛用していただいていたようで、今回自ら大量購入してきたようです。

フリクションペンの他にポスカもとっても人気があるようです。カフェのメニューをはじめお店のメニュー表示や鏡にイラストを入れたりする際にポスカはとってもメジャーなのですが、値段が日本で買う何倍もします。従ってポスカはよく頼まれるお土産のひとつです。

 

化粧水

050-005

日本でコスメを買う方は少なくなく、特に化粧水はとってもいいと男性でも買ってこられる方が多いです。メイクアップ用品はこちらでも比較的安く購入できるのですが、基礎化粧品は日本で買うほうが格段に安く質もいいととっても評判が高いです。

オーストラリアでは日本でも流行ったジュリークが有名ですが、高価なため実は使用している方は少なく購入するのはアジア圏から来る旅行者ばかり。ナイトクリーム等はオーガニック製品にこだわりを持っている方もいらっしゃいますが、朝の洗顔後に付ける化粧水や、その他にもフェイスマスクやリップクリーム等は日本製品がとても人気です。やはり研究されている日本の基礎化粧品は強し!ですね。

 

金粉せっけん

050-006

「これ何が入っていると思う!?ゴールドよ!!」と興奮した面持ちで金粉入りの石鹸と化粧水を買ってきた奥様。とってもセレブな感じで素敵なのにとっても安かったのよ!と大喜びでした。それではとたまたま家にあった金粉入りの緑茶を出したところ、いたく喜んで「肌がきれいになりそう!」と言いながら飲んでおられました・・・・さすが外国人、甘くないと蜂蜜を入れて飲んでいましたが(笑)

 

靴は買えません・・・・

050-007

足のサイズが22.5cmの私は、ここオーストラリアではほとんど足に合った靴を探し出すことができません。逆に、足のサイズが比較的多きな欧米系の方は、日本には可愛くて機能的な靴が沢山あるのにサイズが探せないと嘆く方が多いです。

先日知り合いの女性が、日本はビルケンシュトックのサンダルが安いと聞きつけて、東京へ旅行に行った際に色々探したそうですが、サイズ26cmの足を持つ彼女は女性用ではサイズを見つけられず、それでも安さゆえ諦めきれず、男性用を買ってきていました。

 

さいごに ~誇り高き日本製品~

050-008

やはり日本の誇れるところは、クオリティーの高い製品がとても手に入りやすい値段で街中にあふれているということでしょう。

どこのショッピングモールも決まったテナントが入っていて、置いてある商品も季節が変わらないので年間を通してさほど変わらず、家具や衣料品などはバラエティーに限りのあるオーストラリア。先週娘の幼稚園で13人しかいない女の子のうちの3人がまったく同じTシャツを着ていてビックリしましたが、結構こんなこともあるのです。

そんな国から日本へ旅行に行くのですから、買い物好きは永遠にショッピングが出来るというのもうなずけますね。

ホームステイ等で外国を訪れる際に、日本人だからといって和のものをお土産にする必要はありません。ホームステイの受け入れをしているファミリーは、常に受け入れをしている家庭が多く、そのたびに和柄のものや置物を渡されて置き場に困っている方も多いのです。

日本からの生徒を受け入れているからといって日本フリークなわけでもありません。それならば今の日本ならではの機能的でかつデザインのいいものを選べば、きっと喜ばれること間違いなしです!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/