Home / 海外生活 / 中・上級ハワイ・ホノルルの楽しみ方=コンドミニアム滞在に挑戦

中・上級ハワイ・ホノルルの楽しみ方=コンドミニアム滞在に挑戦

condo

日本人が最も多く出かける海外リゾートとしてはハワイが挙げられるでしょう。さらにハワイの中でもホノルルが圧倒的に人気です。さて、この当たり前のようなホノルル滞在で慣れた人たちのしているおススメの過ごし方を今回はご提案していくことにします。

 

その1 コンドミニアムの滞在

海外での宿泊の際にホテルを選ぶのは大抵の方々がする事ですが、ホノルルに慣れて来たら是非コンドミニアム、あるいはキチネットホテルの利用をお勧めします。ツアーやパックは楽なようですが、どうしてもお客様的な滞在になってしまい、どこの国に出かけても同じ印象になりがちです。さらに食事も観光料金でお客様扱い。そしてホノルルもアメリカですから、普通のスーパーマーケットで普通に食料を買えばカロリーオーバーになるのは当然の事。そんな時、地元の食材でキッチンで落ち着いて滞在を楽しみながら料理をする、そんな楽しさは実はとてもホノルルらしい発見をさせてくれます。

 

コンドミニアムって何?

ホテルとは違い、大きな分譲マンションの部屋をそのオーナーが運営して貸すシステムで、マンションなので各部屋にキッチンやダイニング、リビングがあるわけです。日本で言う所の貸別荘のマンションバージョンと思えば良いでしょう。フルキッチンは通常のシステムキッチンです。キチネットというと簡単なコンロと電子レンジがあり、温めたり、簡単な調理ができる、という意味です。調理器具は揃っています。

 

コンドミニアムの探し方・予約方法

ホテルと違ってコンドミニアムを探すにはそれなりのサイトでメンバーになる必要があります。

 

Home Awayで選ぶ

 

homeaway

 airbnbで選ぶ

 

airbnb

これらのサイトで気に入った部屋を見つけてオーナーに直接メールするのです。

キッチンはフルキッチン、キチネットなど、タイプが詳細に書いてありますから好みのタイプを選びます。二人での旅行等だったらStudioタイプで十分です。ホノルルの場合はワンルームのスタジオタイプで部屋にベッドしかなくてもバルコニーにテーブルとチェアがある場合がほとんどで、食事はそこで取る事ができます。毎日海を見ながらキッチンから食事を運び、バルコニーで食事をするのもとても楽しいです。

 

960x1200

見てお分かりの通り、ホテルよりもずっと部屋は広く、家庭的で楽しい雰囲気がありますし、プライベートプールを備えているコンドミニアムもとても多いのでホテルライクでありながら部屋も充実している、という豊かさを満喫できます。

このプロセスにおいての英語のやり取りは重要です。希望の部屋かどうか質問する、お願いをする等、日本の英会話教室では習えない事を学びます。結果、ホテルで食事をしてガイド付きで遊びに出かけているのとは違った、一歩踏み込んだ英語力を身につける事になります。

 

その2 到着からチェックインまで

speedyShuttlem

空港からはタクシーで、と考えたりしますがもっと格安な方法にシャトルバス「スピーディシャトル」があります。このバスは各ホテルに行くのですが、 ホテル専用バスではないので、あらかじめ地図でそのコンドミニアムがどのホテルに近いかをリサーチしておき、コンドミニアムの近くのホテルまでを係の人に伝えましょう。赤いアロハシャツのスタッフが目印です。予約は必要なく片道14.55ドル。荷物を下ろしてもらったらドライバーに1ドルチップを渡すのを忘れずに。 そこからコンドミニアムまで歩くと簡単です。ラッキーだとシャトルバスの停まるコンドミニアムを見つける事もできます。チェックインはホテルと全く同じなので心配ないでしょう。

 

その3 ファーマーズマーケットで食材確保

farmersMarket

ホノルルでは何カ所かでファーマーズマーケットが決まった日に開催されます。私のお気に入りはキングスビレッジのファーマーズマーケット。ホノルルの中央で便利。新鮮な野菜やハチミツ等、オーガニック食品の品揃えもたくさんです。

開催日時:毎週月・金曜16:00~21:00
住所:131 Kaiulani Ave.  TEL:808-926-7890

その他、少し離れたりしますが、規模の大きい所では KKCファーマーズマーケットが有名です。

開催日時:毎週土曜7:30〜11:00
毎週火曜16:00〜19:00にも開催している事があります。
住所:4303 Diamond Head Rd  TEL:808-848-2074

 

その4  少し慣れたらチャイナタウンまで行ってみよう

ホノルルのチャイナタウンは現地のアジア系ネイティブが住んでいます。まず日本人が行かない場所ですが、観光人相手ではないので信じられないほど何でも安くて驚きます。アラモアナショッピングセンター等にいく無料バスでは行けませんから、きちんと有料の”The Bus”に乗りましょう。一回乗車2.50ドルです。これらのバスは本土(NYなど)からのお下がりのバスが中心で、さらにシステムも似ています。2時間以内なら一度乗換が可能なのです。バスで運賃を払った時に、ドライバーに「トランスファー・プリーズ」と言ってトランスファー・チケットを忘れずに貰っておきましょう。次のバスに乗車の際、このチケットをドライバーに渡せばそれで大丈夫です。そして路線を調べてチャイナタウンまで。あらかじめ時刻表や路線図をプリントアウトして持参しておくと便利です。

→The Bus 時刻表

日本の食材も充実していますから楽しめる事でしょう。もちろんチャイナタウンでの食事もワイキキの食事の三分の一ぐらいの安さ!ですから外食も楽しめます。そして中華飯店のお味がまたデリシャスなのです。

 

chinaTown

 

まとめ=コンドミニアム滞在で得られる英語生活感覚

いかがですか?今までツアー等で出かけた海外旅行のスケジュールとはガラリと違ったものになっていますね。観光三昧の旅行も楽しいでしょうが、ホノルルでまるで自分の家のように部屋を上手に使い、タクシーなどの無駄を省いた分、地元の新鮮な食材で手作りの滞在を贅沢に楽しむのは本当のオリジナルバケーションを味わえる第一歩になります。そこには人まかせではない自分の英語を使った、自分で味わうバケーションがあります。それはワクワクするほど楽しいものです。

英語圏の国では英語に対して構えない、それに尽きると思います。分からない事は自分の単語で置き換えて説明しながら相手からそのボキャブラリーを引き出して行く、そして自分の辞書を増やしていく…それが生きた英語力を身につけるコツです。それと並行して英語圏生活に溶け込む、という事をテーマに旅行をして行くともっと地元のネイティブとの会話が増えます。ブランドの買い物だけしている日本人からそろそろ卒業してみませんか?

 

About 鍋島 佳緒里

小さい頃から、IBMが日本に招聘したイギリス人講師が自宅にステイするという家庭で育つ。感覚的に英語を習得したため発音だけは良いがグラマーやリーディングに苦手意識が残る。音楽制作の仕事に従事し、海外の音楽祭取材などで一年の内2ヶ月をヨーロッパで過ごす数年間の経験を経て、現在はNY在住のアメリカ人パートナーとの遠距離を克服しながら毎日英語を使う日々。 TOEICで高得点を取るビジネス英語に注目するだけではなく、日常的にエレガントで社交的なマナーを持って国際人としてウィットのある会話するのをモットーとしている。フランス語も中級。デンマーク映画に夢中。日本在住。「なめらかな発音と言い回しをゲットするレッスン」はinfo@a-tfactory.co.jpまで。