Home / カルチャー / アメリカの文化について学ぼう! Vol.2 ハロウィン編

アメリカの文化について学ぼう! Vol.2 ハロウィン編

large_2953262392

10月31日はハロウィンです。ハロウィンの由来は、古代ケルトで行われていた祝日「万聖節(11/1)」の前夜祭として収穫の感謝と悪魔払いをするためのお祭りだったと言われています。時を経てこのお祭りがアメリカへ伝わったのですが、子どもが大変怖がったため小さな子でも楽しめるような行事へと変化していったそうです。

今回は、アメリカのハロウィンについてご紹介させて頂きます。

 

家のデコレーションはリアルで怖い・・・

origin_4057249135

10月に入ると、アメリカの住宅地ではハロウィンのデコレーションをしている家をところどころで見掛けるようになります。アメリカへ来て初めてそのデコレーションを目にしたときは、そのリアルさにとても驚きました。日本のハロウィンデコレーションというとカボチャやお化けなどでも可愛らしいものが一般的ですが、アメリカのデコレーションはガイコツ、お墓、クモなど、リアルで怖いものが多いです。夜に住宅街を歩いていると、肝試しのような感覚に襲われるくらいです。

上の写真のように、かなり気合いの入ったデコレーションをする家もあります。

こういったハロウィンの装飾グッズはあらゆるお店で売られていて、人が前を通ると音が出たりするものなど、凝ったものまで手に入ります。

特に子どもがいる家庭では、ハロウィンの数週間前からデコレーションをしてハロウィン気分を楽しみます。

 

パンプキンパッチへ行ってみよう!

large_8109668557

「パンプキンパッチ」というのは、ハロウィンの季節になると農場などで行われるイベントのことです。

 

◎パンプキンパッチのアトラクション
・トウモロコシ畑の迷路(Corn Maze)
・バウンスハウス(エアートランポリン)
・ポニーライド
・トラクター乗り

 

などなど、主に子どもが楽しめる内容が盛りだくさん。大抵の場合、チケット売り場でチケットを購入しアトラクションを楽しむことになります。

会場ではカボチャの量り売りも行われていて、持てないくらい大きなカボチャは台車に乗せて車まで運びます。アメリカ各地、あらゆる場所にパンプキンパッチはありますので、ハロウィンの時期にアメリカへ訪れる機会があったら是非立ち寄ってみてください。

 

Trick or Treat!!

large_8146056128

さて、ハロウィンのメインイベントといえば、10月31日の夜に行われる「Trick or Treat」です。

このTrick or Treatは、どの家を訪ねてもいいのかというと、実はそうではありません。外から見てお菓子がもらえる家かどうかというのが分かるようになっています。

玄関にハロウィンの装飾があり、外灯がついている家はWelcomeというサインです。逆に、装飾が何もなく外灯が消えている家は、呼び鈴を鳴らしても誰も出て来ない場合がほとんどです。

子ども達はひと晩でバケツいっぱいほどのキャンディーを持って帰ってくることになりますが、このキャンディー、学校などでハロウィンの翌日以降に回収し、まとめて寄付をしてくれる場合があります。我が家の近所の小児歯科では、1ポンド(約453グラム)につき1ドルで買い取ってくれ、集まったキャンディーは寄付をしてくれるそうです。歯医者さんがキャンディーを買い取ってくれるというのは面白い発想ですよね。 

「wikiHow」には、Trick or Treatの方法が絵つきで分かりやすく掲載されています。

英語の勉強にもなりますので、是非こちらも覗いてみてください→「How to Trick or Treat」 by wiki How(英語)

 

Jack-O-Lanternを作ってみよう

large_6320836889

ハロウィンの飾りといえば、カボチャをくり抜いて作る「Jack-O’-Lantern」が最もポピュラーです。日本語では「ジャコランタン」などとカタカナで表記されますが、スペルは「Jack-O’-Lantern」が一般的です。アメリカではJack-O’-Lanternを作るための小さなのこぎりのようなものが500円くらいで売られていて、それを使えば誰でも簡単に作ることができます。

まず始めに、ヘタがついている部分をまるく切り取り、中の種などをスプーンですくい出し、空っぽにします。その後、切り抜きたい部分にペンなどで印をつけます。あとは小さなのこぎりでカットしていくだけです。

Jack-O’-Lantern用のカボチャの皮はそれほど固くないので、小学校低学年くらいの子でも、大人がついてあげれば作ることが可能です。

1つ気を付けないといけないことは、カボチャはくり抜いてから2〜3日でしぼんできてしまい、外に置いておくと虫も寄ってくるので、ハロウィン前日などに作ると良いでしょう。

 

Halloweenに関する単語を覚えよう!

large_6297115460

お化けといえば、日本では「うらめしや〜」と出てくるものですが、アメリカでは「Boo!」と言って出てきます。こんなところからも、文化の違いを感じ取ることができますね。

ハロウィンに関する単語をいくつかご紹介します。

 

Boo!—お化けが出てくるときに使われる言葉。隠れて友達を脅かすときにも使われます。スーパーマリオに出てくるお化けの       キャラクター「テレサ」は、アメリカでは「Boo」という名前がついています。

 

candy—日本でキャンディーというとアメのことを意味しますが、アメリカでcandyというと、チョコレート、キャラメル、アメ       など全てを含みます。Trick or Treatでもらえるお菓子を総称して「candy」と言います。

 

scarecrow—カカシ。「scare(こわがらせる)+crow(カラス)」=scarecrowと覚えると、忘れません。

 

creepy—身の毛がよだつ、ぞくぞくする、ぞっとする

 

spooky—気味の悪い、こわい、幽霊の、うす気味悪い

 

おわりに

IMG_3323

アメリカのハロウィンについて、いかがでしたでしょうか。

ハロウィンの遊び歌として知られているものをご紹介して、終わりにしたいと思います。

 

Treat、Feet、Eatが韻を踏んでいるところに注目してください。

 

“Trick or treat, smell my feet, give me something good to eat!”