Home / 海外生活 / 日本で話されている留学は甘い!日本人留学生が戸惑う厳しい現実とは

日本で話されている留学は甘い!日本人留学生が戸惑う厳しい現実とは

069-001

私が住むオーストラリアは、比較的学生ビザも取得しやすくワーキングホリデー制度などもあるため、非常に留学しやすい国です。従って毎年日本各地から沢山の留学生が渡航し生活しています。

しかし、残念なことに多くの留学生が途中で挫折して帰国を余儀なくされたり、最初から最後まで日本人同士のコミュニティーから抜け出せずに、本来の目的の英語を殆ど習得せずに帰国する学生がとても多いのです。

なぜでしょう?留学生本人に問題があるのでしょうか?

それも少なからずあることは否めません。がしかし、この原因は留学生本人が日本で収集する留学に関する情報と留学後の現実に大きなギャップがあることが大きいのではと感じます。

今回はそんな、日本で聞く留学情報と現地での留学生への対応の大きな違いについてお話します。

 

日本人のように安易に留学する学生は殆どいません

069-002

よく日本で言われている「英語を習いたいなら海外へ飛び出しネイティブから覚える」という考え方ですが、これはとても危険だと感じます。

現地で生活しているとよくわかりますが、学校が関わるような引率の先生付きの短期のプログラム以外で、生活のための英語が習得できていないまま言葉の通じない海外暮らしをしている外国人は殆どいません。

語学学校でも下のレベルのクラスは日本人留学生ばかりで、他の国の小学生に交じり英語を習っています。こんな現状知っていましたか?

 

生活に必要な英語は備わっていますか?

069-003

それでは、最低でもどの程度の英語を身に付けていれば生活ができるのでしょうか?

サバイバルイングリッシュなどという言葉もありますが、とりあえず相手に伝えるためにはきちんとセンテンスになっていなくとも伝える力と意欲が必要です。未来形、過去形などを覚えるよりは5W1Hを完全にマスターするほうが大切かもしれません。

 

【ホームステイ先で】

・風邪を引いたみたいで具合が悪いです。

I don’t feel alright, I think I’ve got a cold.

・洗濯する服はどこに置けばいいですか?

Where should I put my dirty clothes to wash.

・バスタオルは借りられますか?

Can I borrow a bath towel?

・学校が遅くなりそうなので、夕食はいりません。

I don’t need dinner tonight because I’ll finish school late.

・週末出かけるのなら、一緒に連れて行っていただけますか?

Can I come with you if you go out on the weekend.

・明日は学校が早いので駅まで早めに送っていただけますか?

Can you take me to the train station earlier than usual? My school starts earlier tomorrow.

 

【外出先で】

・ABCスーパーに行きたいのですが、このバスで行けますか?

Does this bus go to ABC supermarket?

・切符の買い方を教えてもらえますか?

Could you tell me how to get the ticket?

・集合時間は何時ですか?

What time should we meet?

 

例えば複数形の「s」が抜けていたり多少過去形や未来形に誤りがあってもいいとして、この程度の英語がすらっと出てきたら、留学準備はできているのではないでしょうか。

 

判断力と機敏さも必要不可欠

069-004

よくホームステイ等受け入れているネイティブに「どうして日本人は自分の国が世界一安全だという自覚があるにも関わらず、それよりもずっと危険な国に大して英語も出来ない我が子を送る親が多いの?それを危険だと感じないの?」と聞かれます。

確かにそうなのです。昼夜に関わらず、歩いている若者に「困っているなら家まで送ろうか?」と声をかけ、車に乗せたままどこか知らない場所へ連れて行きレイプをしたり殺害したりする事件が毎月のようにニュースで報道されている国で、同性だったから、や、相手が年配に見えたから、相手が日本人だったから・・・という理由だけで平気で知らない人の車に乗ってしまう日本人留学生の話を何度も聞かされたりするのです。

もしそんなシーンにあなたがいたら、その車に乗ってしまいますか?乗ってしまうのであればあなたは留学の心構えはまだ出来ていないようです。

 

現地サポート付きの留学センターだって優しくありません

069-005

もう一つ、日本人が留学しやすい理由として日本での留学センターの後押しがあることも少なからずあるように感じます。

現地の留学センターで働いている友人が、毎日どうしようもない電話が何本もかかってきていい加減怒鳴り付けそうになることがあると話していました。その電話の内容というのはこんなことです。

・ホストファミリーの食事が口に合わないので、ステイ先を変えてほしい。

・夕食がいらないことをホストマザーに電話したのだけれど、何と言っていいかわからないので代わりに電話してほしい。

・間違えて知らないところでバスを降りてしまい、どこにいるのかわからないので迎えに来てもらいたい。

・ホストファミリーにシャワーの時間が長いと言われたのだけれど、短く出来そうにないのでその旨説明するかステイ先を変更するかしてほしい。

・明日の学校が指定されたショッピングセンターの映画館なのだけれども、行き方がわからないので教えてほしい。

・ホストマザーが怒っているようなのだけれども、何を言っているのかがわからない。

この内容を読んで、現地サポートが付いているのだから、それを解決するのが留学センターの仕事だと思った方がいたら、留学はしないほうがいいかもしれません。実際に上記のような問い合わせに対応している現地留学センターは殆どありません。

同じ会社でも、日本では「英語が出来なくても現地サポートがあるから大丈夫。」と言われて留学してくる学生さんも多いようで、その辺りは社内スタッフ間の意識の違いもあるのでしょうが、基本的にこのようなことを自己解決することも海外留学の一つの経験だと考えている現地スタッフがほとんどなのです。

 

おわりに ~新しい生活を気持ちよくスタートさせるために~

069-006

日本人留学生の意識の低さがどうしても目立ってしまうようですが、留学生もただただ無謀に海を渡っているわけではありません。安心な要素を植え付けているのは、英語学習を若年化させている国のシステムであったり、それに踊らされているメディアや組織であったり、様々な原因があると思います。

その中で正しい目を持って十分に準備をした上で留学が出来るよう、例えばまずは短期留学して海外生活を垣間見てみることや、国内で完全英語のホームステイ体験ができるなどというサービスを利用してみるのも手かもしれません。

一度海外で痛い目に合ってしまうと、せっかくのモチベーションが著しく低下し英語自体が嫌いになってしまうことも多くあります。決して周りに惑わされずに、ご自身のタイミングで楽しい留学生活に踏み出せるよう、頑張ってくださいね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/