Home / カルチャー / 使える日本人になるか、ウザガられる日本人になるか

使える日本人になるか、ウザガられる日本人になるか

076-001

以前、日本のテレビ番組で、日本で働く外国人は言われたことしかやらないとう内容の話をしている番組がありました。なんだか日本人が自らの働きぶりを自画自賛しているような内容でとても印象的でした。

この間、ふとオーストラリア人の友人にその話をしてみました。すると興味深い意見を得ることが出来ました。

今回はその友人と話した、日本社会が見る外国人や外国の社会が見る日本人についてお話ししたいと思います。外国で働く際に、どう立ちふるまえばいいのか・・・・すこしでも参考になれば幸いです!

 

子連れの母親、自分の喉が乾いたらどうする?

076-002

一番最初に話題に食いついてきた彼女は、日本人の旦那さんとの間に子供の一人いる方でした。

「こんなことがあったのよ!これが日本人の自画自賛する「気が付く」ってことかしら!?」という出だしで彼女が日本へ帰った際のエピソードを話してくれました。

彼女は日本人である旦那さんのお母さんと、5歳になる息子さんを連れて買い物に行ったそうです。そこで彼女は自分喉が渇いたからと炭酸飲料を買ってその場で飲んだそうです。それを後から旦那さん経由でお母さんに指摘されたそうです。

そもそもいい歳の女性が、レジで飲み物を買ったそばから立って飲み始めるというマナーの悪さと、息子さんがいるにもかかわらず自分の分だけの飲み物、ましてや息子さんがまだ飲めない炭酸飲料を買うなんて信じられないと言われたそうです。

息子さんは5歳、喉が乾けば自分でそう訴えられるに、何故私がいちいちお伺いを立てなくちゃいけない?と意見したそうですが、まだ幼いのだしそうやって先回りして世話を焼くことが子育てなのではないか返されてしまったそうです。もっと言うと、1本しか買わないのであれば、欲しがった時を想定して息子さんと一緒に飲めるものを買えばよかったのでは?その時は欲しくなくても、お母さんが飲んでいる姿を見たら欲しくなるのが子供なのだし・・・・とのことでした。

なぜそんなことまで考えて、自分の飲む物まで制限されなくちゃいけないのかが全然理解できないとのことでした。息子が欲しいと言えば息子の欲しがる飲み物を再度買いに行けばいいだけの話、こんな歳になってマナーや子育てについて夫の母親にそんなこと言われると思わなかったとため息をついていました。さらに直接注意するでもなく人(旦那さん)を通して指摘してくるなんて姑息なやり方だ!と気分を害していました。

 

日本で働く外国人は気が効かないと言われる

076-003

日本では、日本で働く外国人のことを「気が効かない」、「言われたことしかやらない」という理由で無能だという方が多いそうです。作業を進めるにあたって先回りが出来ないので処理能力が低いと日本の方が嘆く光景を何度も目にします。

ただこれは仕方のないことなのかもしれません。彼らはそういった形で相手に気を使ったり、口に出さない意思を汲み取って先回りすることを、必ずしもポジティブに考える習慣がないのです。もちろん相手に求めることもありません。

 

外国で働く日本人は気持ちが悪いと言われる

076-004

それでは外国で働く日本人は、さぞかし活躍しているだろうと思いますが、それがそうでもないようなのです。

オーストラリアの税務署で働く友人が、そこで働く日本人について、「日本人は依頼もしていないことを勘繰って先回りしてしまい、なんだか考えていることを読まれているようで気持ちが悪い。」と言います。それは私が働いていた企業でも話題に出ていた事だったので、どこの会社でもそんな風に思われているのかと意外に思いました。

頼まれていないことを先回りしてすることを私達日本人は「気が利く」と言いますが、国によっては「おせっかい」と思われたり「自分を無能だと思って見下している」というとらえ方をされたりもするようです。

例えば、鼻をぐずぐずいわせている同僚がティッシュを取ってくれと頼んできたとします。そこでティッシュとゴミ箱を渡した日本人を見て、私達は「よく気が付く、機転が利く」と賞賛しますが、外国人にしてみたら頼んでもいないのに心を読まれているようで、プライバシーに踏み込んだ感じが気持ち悪い、ということなのだそうです。

 

知らないうちに窓際族に追いやられていた外国人

076-005

以前、日系の旅行代理店に勤めていたオーストラリア人の友人が、「最近仕事ないのよね、だからここ1カ月会社でネットサーフィンしかしてない。」と話していました。聞くと1カ月前にPCのみが置いてある机に移動させられて、そこから一切仕事を振られなくなったそうです。

他の同僚は忙しそうなのですが自分に仕事は与えられないという状況下で、それはそれで楽だからと、一切仕事をせず毎日出社してはネットを見る毎日を送っているらしいのです。

言いにくいけれど、それはそろそろ辞め時だという無言のサインなのでは?と話すと、でも辞めてほしいとは言われていないと。無言の圧力というか、何もしないでいることへの罪悪感を植え付けて辞めさせようということも日本では稀にあるのだけれど・・・と言うと、仕事を私にアサインしないのは会社の責任、上司が無能なだけなので私が罪悪感を持つ必要はないとのことでした。

結局彼女はその後、経営不振を理由に辞めさせられてしまったようですが、その後同じポジションで求人募集が出ていたので、何かしら彼女に原因があったのだと考えざるを得ないのですが・・・・

「辞めさせたいのなら2カ月前に仕事を振らなくなった時点で、ちゃんと私に話してくれれば辞めたのに。そうしたら2カ月分の私の給料を払う必要がなかったのだし、私を2カ月も遊ばせた挙句クビにするなんてやはりあの上司は無能ね!」と今でも言います。日本人であれば何となくその圧力に居心地が悪くなり、自ら辞職するのでしょうが、相手が外国人だとその手は通用しないのですね。

 

自分を評価してくれないと会社を渡り歩く日本人を見て

076-006

別の知り合いにローカル企業で働く日本人男性がいます。会って話をするたびにオーストラリア人従業員の短絡的なものの考え方を非難し、「使えない」とため息をついています。そして自分はその同僚達の何倍も働いて成果もあげているのに会社がそれを評価してくれないと嘆いています。

彼はそんなことを言いながら3年に一度は勤め先を変えています。確かに普段の様子を見ても几帳面でよく気が付き、自分にも他人にも厳しいタイプの彼。仕事は出来るのかもしれませんが、態度でアピールしてもそれを評価する側の上司にそこを見る意識がなければ、それは彼のアピールの方法が間違っているのかもしれません。

 

こんな時はこんな表現

076-007

ちなみに、会社で人を評価する際にどのように表現するのでしょうか?

 

You have got a good head on your shoulders.(あなたはとても気が効くね。)

He is such a useless guy.(まったく使えない奴だ!)

He has the ability to do the job.(彼は仕事の出来る男だ。)

She has high career aspirations.(彼女は出世欲が強い。)

 

このような表現をします。一度試してみてください!

 

さいごに ~どちらに歩み寄るかはあなた次第~

076-008

日本人であれる私達の考えでは、気が付く、気が回る人は「デキる人」としての評価を与えられます。しかし、それが外国人から見ると、時にやりすぎだったりおせっかいだったりするのです。

そしてそれがエスカレートすると、相手の時間や考えを尊重せず先回りして自分達をコントロールする日本人、といった印象を持たれることもあるようです。私が働いていた職場でも、日本ではきっと「デキる」社会人なのだろうなという気の利く女性が、「Are you a mind reader or what!?」(あなたはマインドリーダーかなにかのつもり!?)や「You are like a private investigator.」(あなた私立探偵みたいね。)と鬱陶しがられているのを目撃したことがありますが、ああいった光景を目の当たりにすると背中がゾクっとしてしまいます。

基本的に社会で働いているのは独立した大人同士、気を使って相手の心を読みながらお互いをカバーし合ってといったような進め方よりも、お互いの存在を尊重して一歩引く関わり方をしたほうが外国ではスムーズなのかもしれませんね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/