Home / 表現集 / カタカナ英語の固定観念を捨てよう!実はこの単語、こんな風に使います

カタカナ英語の固定観念を捨てよう!実はこの単語、こんな風に使います

083-0001

「私と彼女はとても気が合うのです。彼女は僕にとって最高のコンパニオンです。」

もしあなたが女性で、パートナーからこのように友人に紹介されたらあなたはどう思いますか?

私達がよく使用するカタカナ言葉の英語ですが、実はカタカナ言葉で使っている意味と英語の本当の意味が全く違い戸惑うことがあります。

日本ではこの意味で使っていたのに・・・・なぜネイティブの方々はこの場面でこの単語を使ってくるのだろう?と頭が疑問でいっぱいになることもしばしば。家に帰って辞書で調べて、えー、そういう意味があるの!?とビックリしてしまう単語が沢山存在します。

本来の意味を知らないままでいると、全く反対のリアクションを取ってしまうことがあったり、不必要な相手への不信感なども生まれたりとスムーズにいく関係がこじれてしまったりすることもしばしば・・・・

そんな事態にならぬよう、今回は意味を間違えやすい単語についていくつかお話しします。

 

リーズナブルってお安くない!?

083-0002

 

「He argued with his wife because he came home very late.」

→ 彼、夜中に家に帰ったからって奥さんと喧嘩したらしいよ。

「Then, What did he said?」

→ それで何て言ったんだい?

「He said it couldn’t be helped because he had to work until late.」

→ 遅くまで仕事していたんだから仕方ないって言ったらしい。

「That’s a reasonable excuse.」

→ それはリーズナブルな言い訳だね。

 

この会話、最後にリーズナブルだね、っておかしくないですか?

喧嘩した話をしていたのに、どうしてリーズナブルなんて言葉が出てくるのだろう、と思いませんか?

日本では、リーズナブル=安価というイメージを持ちがちですが、英語のリーズナブル(reasonable)は「合理的な、もっともな、道理がいった」という意味を持ちます。

従ってこの場合も、最後のリーズナブルは正当な理由と訳します。

彼は別にチープな言い訳をしていると文句を言われているわけではなく、むしろそれは正当だと賛同されているのです。

 

「reasonable」を使った語彙は、他にも

・Reasonable amount.  → 十分な量

・Reasonable attempt.  → 無理のない試み

・Reasonable doubt.  → 合理的な疑い

・Reasonable goal.  → 妥当な目標

・Reasonable man.  → 道理が通っている人

・Reasonable level.  → そこそこのレベル

 

などがあります。是非一度使ってみてくださいね。

 

ナイーブって内気じゃないの!?

083-0003

 

「I heard that she asked some stranger to give her a lift home again!!」

→彼女、また知らない人の車に乗せてもらって家まで連れて帰ってもらったらしいよ。

「She is naïve…」

→ 彼女、ナイーブだから・・・・

 

あれ?ナイーブってこんな使い方しましたっけ??

日本語でナイーブというと内気や神経質といった意味で使用されることが多いですが、英語でナイーブとは「世間知らず、鈍感」という、どちらかというとネガティブな意味があります。

従ってこの「She is naïve.」は、「まったく世間知らずなんだから・・・・」といった意味を含んでいます。

日本でいうナイーブの意味を持つ英単語はおそらく「sensitive」(センスィティヴと読みます)になります。こちらは「繊細、神経質、敏感」といった意味になります。

外国人に「You are naïve.」なんて言ってしまうと、馬鹿にしてるのか!?と気分を害してしまう恐れもあるので気を付けましょう。

 

お金持ちのチョコレート?強いコーヒー??

083-0004

 

「This chocolate is very rich.」「This cheesecake is very rich.」

これを聞いて、その方がまさか「お金持ちのチョコレート」「お金持ちのチーズケーキ」の話をしていないことくらいはきっと誰でも会話の流れからわかると思いますが・・・・それではどういった意味で使われているのでしょう?

「rich」というと反射的にお金持ちと考えてしまいますが、この単語には「濃厚」という意味があり、食べ物の話をする際に非常によく出てきます。反対に「軽い」は「light」となります。

ちなみにコーヒーの濃さはというと、濃いほうが「strong」、薄いは「weak」となります。

 

君が回って!と言われたら・・・・

083-0005

「It is your turn!」    →あなたのターンよ!

 

これを聞いてくるっと回る自分を想像した方はいらっしゃいませんか?

日本では「ターン」というと「回る」という意味を考えますが、この「turn」は「順番がきた」という意味になります。従って、「It’s your turn!」は「あなたの番よ!」と訳します。

とはいえ「turn」は「回る」という意味でも使用しますので、もしあなたがくるっと回ってしまっても、それはそれでジョークになって面白いかもしれませんが・・・・

 

私の職業はコンパニオン!?

083-0006

私と夫が日本で結婚式を挙げた際、終盤で夫が感極まって予定になかったスピーチをし出しました。

日本語があまり上手ではないのですが、何とか皆さんに思いが届くように英語と日本語を混ぜて一生懸命話したのですが・・・・

そこで彼は「ワタシとカノジョは趣味がとても良く合い、カノジョはワタシのとても良いコンパニオンになりました。」と発言したところ、皆さんに大爆笑をされてしまったのです。

コンパニオンというと、お酒を飲む席やイベントで、お客様の相手をするどちらかというとホステスさんに近い意味でとらえられがちですが、「companion」は英語で「仲間、連れ」といった意味になります。マブ達といったところでしょうか。

従って私の夫は「良き仲間となりました。」と言いたかったのです。

 

He/She became my good companion.

 

その後弁解する機会もなく6年が経ち現在に至るので、皆さんもしかするとまだ私がコンパニオンだったと思っているかもしれません。

 

さいごに ~不思議に思ったら聞いてみよう~

083-0007

今回ご案内した単語はまだまだ一部で、このような英単語はまだまだ沢山あります。どう考えてもこの流れでこの単語はおかしいぞ・・・・と感じた場合は、遠慮せずに相手にそのことを聞いてみましょう。その単語への理解が深まるでしょう。また、「In Japan, This word has the meaning of ~」(日本ではこの単語の意味って~)といったように続けると、さらに新しい会話が生まれることもあります。

なかなか一歩踏み出して質問するのは勇気がいりますが、それもネイティブな英語を習得するため。頑張りましょう!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/